読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

strongemotion

人生に迷う君へ、情熱とアホとポジティブを。

MENU

僕らは、分かり合えなくても良い。《SUTOEMO WORD》

ダイナです!

 

今回のSUTOEMO WORDは「人間関係」について。

 

人間の苦しみは、人間関係の苦しみである。

 

そんな言葉を何処かで聞いたことがあります。

 

今回は、僕が最近よく考えていること。

人間関係に苦しむことなく、自分を生きることができる熱い言葉をお伝えする!!

 

※SUTOEMO WORDについてはこちらからどうぞ


アイツはなぜ時間を守れないんだ。

アイツはなぜいつも不機嫌で人に当たり散らしているんだ。

 

こんなこと、考えたことありませんか?

f:id:strongemotion:20170411224345j:plain

 

 

答えは簡単です。

あなたじゃないから。

 

 

人は皆、生まれ持った天賦の性質を持っている。

 

自分にとってはごく簡単にできることが、誰かにとっては凄く難しいこともある。

自分にとっては価値のある物事が、誰かにとっては存在意義すら感じられないこともある。

 

 

例えば、今あなたが恋人と遊園地にいるとして

ジェットコースターに乗ろう!!!

と言われたら。

 

あなたはなんと答えるでしょうか?

 

「いいよ!はやくはやく!!」

「え¨。今何て言った?(焦)」

「絶叫だけはマジで無理。死ぬ。」

「」ガクガクブルブル.................

 

千差万別。

人の数だけ答えがあるのではないでしょうか。

 

僕らは普段、そんなことすら忘れてしまっている。

 

アイツはなぜ時間を守らないんだ!

アイツはなぜ人の言うことを聞かないんだ!

 

それは、ジェットコースターにどうしても乗れない人に対して、

なぜジェットコースターに乗れないんだ!

と言っているのと本質的には一緒なんですよ。

 

その人がダメだからできない。

のではなく、できないからできない。

つまりは、そういう性質なんですよ。

 

そんな当たり前のことにイライラしていてもしょうがない。

 

 

だから僕はこう思います。

 

僕らは、分かり合えなくても良い。

というか、分かり合わなくても良い。

 

人が変わることを期待している暇があれば、自分を変えることに力を注いだ方が遥かに有意義な時間になる。

 

 

こんなことを考えたことはありませんか?

 

自分以外の世界は、何もかも決定されているのではないか?

自分以外の全ては、何もかもロボットなのではないか?

f:id:strongemotion:20170411224139j:plain

 

「独我論」という哲学における理論が存在します。

どくが‐ろん【独我論】

solipsism》真に実在するのは自我とその所産だけであり、他我やその他すべてのものはただ自己の意識内容にすぎないとする立場。バークリーフィヒテシュティルナーなどにみられる。独在論。唯我論。独知論。

引用元:独我論(ドクガロン)とは - コトバンク

 

簡単に言えば、「この世界は自分の意識でしかない」っていう考え方。

そして、本当に存在しているのは自分だけ。

 

この理論に基づけば、自分が死ぬことで世界は終わる。

 

なんて自己中な考え方なんだ!

と思われた方もいると思います。

 

ですが、皆自分という存在を通して世界を見ている以上、この理論を誰も否定できないんです。

 

結局何が言いたいかっていうと、

変わることができるのは自分しかいない。

 

アイツはなぜいつもこうなんだ。

そうやって、変えることができない世界に、嘆いて、イライラしていてもしょうがないんです。

 

アイツが時間を守れないのは、アイツが時間を守れない人間だから。

そうやって割り切ってしまえば良い。

 

お互い、相容れない部分を無理に分かり合おうとする必要はないんです。

 

こんなことを考えられるようになって

僕は人間関係でイライラすることがかなり少なくなりました。

 

大切なのは、人に期待しすぎないこと。

 

 

僕らは、分かり合えなくてもいい。

分かり合えないくらいが丁度いい。

f:id:strongemotion:20170411224757j:plain

 

人生まあいけるやろ。

 

失敗は笑いの素。僕がかつて「うんこマン」と呼ばれた時代の話をしよう。

失敗は笑いの素である。

 

誰しも失敗します。

だって人間だから。

 

完璧で非の打ちどころがない人間なんて機械でしかない。

 

失敗は時に、笑いを誘い、場を明るくする力がある。

そこには、決められた作業をこなす為だけに生み出された「機械」にはない「人間味」があるからだ。

 

というわけで今回はダイナの高校時代。

記憶から消し去ってやりたい、忌々しき失敗談をご紹介します。

f:id:strongemotion:20170410232035j:plain

 

 

その一

ウンコがしたくなったらトイレに行く。

 

なんや!普通やんけ!

と思ったそこのあなた、甘い!甘すぎる!

 

僕の通っていた高校では、トイレでウンコをすることは死を意味する。

いや正確には、その行為を誰かに「見つかる」ということが死に直結する。

 

その日。

 

朝からお腹がゆるい状態だった僕は、授業中。

耐え難いお腹の収縮と闘い続けていました。

 

ぎゅるるるうるるるううううううう。

 

うなりをあげるお腹。

これは、アカン、きつすぎるで。。。。。

 

授業中に席を立ちウンコに行くこと。

それは公開処刑でしかない。

さすがにそれはマズい。

 

なんとか授業が終わるまで耐え抜き、

チャイムが鳴ると同時にトイレへ走り出した僕。

 

うおおおおおおおおおおおおお

(一瞬で済ませよう。一瞬で放出すれば誰にも見つからずに事を完了することができるはずだ。)

 

トイレへ駆け込み、悪魔とでも形容したくなるソレを放出。

 

はああああああああ(天国)

f:id:strongemotion:20170410233753j:plain

 

快感に浸るのも束の間。

何事もなかったかのような顔をしてトイレを後にするべく、個室のドアを開けたその時。!!!

 

クラスメイトA「あれ、ダイナウンコしてるやん!(ニヤニヤ)」

クラスメイトB「うわっ!くっさ!ダイナくっさ!」

 

GAME OVER

 

 

「うんこマン」というあだ名がつきましたとさ。

 

 

どんだけレベルの低いやつらやねん!

ってか、ウンコをして何が悪い!

石原さとみでもウンコするやろ!

 

その二

ある時、地域の公民館的なところで課外授業がありました。

 

その日、朝からお腹が緩い状態だった僕。

耐え難いお腹の収縮が襲い掛かる(n回目)

 

ぎゅるるるるうっるうrっるるrr。

 

こ、これはアカン。アカーーーーン!!!

f:id:strongemotion:20170410234003j:plain

 

まだ授業が始まる前だったのが幸い。

一目散にトイレに駆け込み、邪神とでも形容したくなるソレを放出(n回目)

 

前回の反省を生かし、快感に浸る間もなく戦場(トイレ)を後にする男ダイナ。

無事、誰とも顔を合わせることなく戦場からの帰還に成功した!!!

 

QUEST CLEAR!!

 

と、勝利を確信したのも束の間。

 

クラスメイトC「え、ダイナ君なにしてるん!?」

そこには、いぶかしい顔で僕を見る女子の姿が!!!

 

ん?なんか僕悪いことした?

もしや、、、、

 

駆け抜ける戦慄。襲る襲る後ろを振り向く僕。

 

女子トイレ

 

GAME OVER

 

「ふしんしゃ」というあだ名がつきましたとさ。

 

あまりの急激な腹痛に、小便器がないことに気付かなかったのが敗因です。。。

今思えば、トイレの中で誰にも会わなかったのが不幸中の幸い。

もし誰かと顔を合わせていれば、人生終了していた可能性が。

f:id:strongemotion:20170410232237j:plain

 

その三

2月14日。

 

そう、男なら誰しも期待を抱かずにはいられない。

バレンタインデーである。

 

その日。

学校に着いてすぐ、淡い期待を胸に、机の中をガサゴソとチェックする僕。

(男なら誰しも一度はやったことがあるのではないだろうか!!!)

 

もちろん、その期待は一瞬にして打ち破られる。

 

はずだった。

 

 

ん?

んんん???

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!

 

なんと、そこにはピンクの包み紙で綺麗に形づくられた

チョコレートらしきものが入っているではないか!!!!!!

 

僕の時代が!僕の時代がキターーーーーーーーー!!

ちょっこれいと!ちょっこれいと!ちょこれいとーはダイナ!

ひゃhっほおうううおうおうお!!!!!

 

いや、浮かれるな。

一瞬にして気を引き締める男ダイナ。

 

これが誰かに知られると面倒なことになる。

すぐに中身を確認したいところだが、一旦は我慢。

今は耐えろ!耐え抜くんや!

 

一刻も早く中身を確認したいという衝動を抑え、何事もなかったかのような顔をして授業に臨む男ダイナ。

 

そして放課後。

 

確実に周囲の安全を確保した上で、中身の確認を行う。

そこには、手作りと思わしきチョコレートケーキと、一通の手紙が!!?!!

 

おそるおそる手紙を開くダイナ。

 

 

「ダイナ君のことがずっと好きでした。放課後6時に体育館の裏で待ってるよん♡」

 

 

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!

うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!

 

なんやこのドラマみたいな展開は!!!!!

生まれてきてよかった!!!!!

ついに僕の時代が来たか。人生万歳。

f:id:strongemotion:20170410232556j:plain

 

約束の時間が近づくにつれ、地響きのようにバクバクと鼓動する心臓。

誰にも見つからないよう、周囲の安全を周到に確認しつつ、体育館裏へと向かう。

 

 

5分前に到着。

まだ誰の姿もない。

 

どんな可愛い子が来るんや?(ニヤニヤ)

期待に胸を高鳴らせ、今か今かと待ちわびていたその時。

 

クラスメイトA「あれ、ダイナこんなところで何してるん(ニヤニヤ)」

 

僕「お前こそこんなとこで何してるん?(なんでお前がこんなとこにおるんや!邪魔者はどっか行ってくれ!)」

 

クラスメイトB「(ニヤニヤ)」

クラスメイトC「(ニヤニヤ)」

クラスメイトD「(ニヤニヤ)」

クラスメイトE「(ニヤニヤ)」

 

その時、僕は全てを悟りました。

 

は、ハメられた。

うああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。

 

 

GAME OVER

 

 

どうやら、朝机の中をガサゴソしている時からずっと観察されてたらしい。

なんて奴らや!!!!

ふざけんな!

 

結論。恥ずかしい失敗=笑いの神からのプレゼント

以上、僕のクッソ恥ずかしい失敗談を余すことなく語りました。

 

どれも当時の僕にとっては耐え難い失敗。

恥ずかしすぎて記憶から消し去りたいぐらいの失敗。

 

でも、今思えば、クッソ面白いな、と。笑

 

このブログのために。

笑いの神が失敗をプレゼントしてくれた。

と、僕は思っています。

 

ドッキリに引っ掛かった経験がある人なんて、そんなにいないんじゃないでしょうか?笑

 

あの時ドッキリしてくれたクラスメイトには感謝してもしきれないよ。

ありがとう。

 

 

 

人生まあいけるやろ。