読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

strongemotion

人生に迷う君へ、情熱とアホとポジティブを。

MENU

ダイナの呟き

雨は希望の象徴である。降り注ぐ雨に打たれて、びしょ濡れになりたい。

雨。 僕は雨の日が好きだ。 こんなことを書くと、凄くネクラな奴だと思われるかも知れないが、そうではない。 大学生の頃は、よく雨を理由に講義をサボって昼まで寝ていたりなんかしていた。 だが、講義が休めるから、雨が好きだ、ということを言いたいわけ…

誰もが皆、戦っている。生きるか死ぬかなんて、本当は紙一重の違いでしかない。

こんなはずじゃなかった。 何も見えない。 進んでも進んでも黒黒黒。 光の色すら忘れてしまった。 何を探していたんだろう? 何を夢見ていたんだろう? 希望の香りと、夢の色したスーツを身にまとい さあやるんだと朝日を吸い込んだあの日。 そして今。電車…

3.11から6年。この世界に必要なのは、人々の祈りだ。

2011年3月11日。 崩れてゆく街並み。 襲い来る津波。 壊れてゆく世界が突如スクリーンの中に映し出された。 泣き叫ぶ人々。 悲しみにくれる人々。 愛する人の帰りを待ち続ける人々。 祈りを捧げる人々。 被災地へ駆けつける人々。 寄付や支援物資で少…

燃え盛る情熱を抱いたまま死んでいきたい。九份で一人、黄昏れながら思う。

1人で台湾の九份に行きました。 台湾ビールを飲みながら、物思いにふける。 行き交う人並み。 飛び交う笑い声。 ここには、自分のことを知っている人は誰もいない。 そう考えると、清々しいような、もの寂しいような。 なんとも形容しがたいノスタルジック…

いつもそばにいる人のことを。僕らはどれだけ知っているだろう。

こんばんは。ダイナです。 心のまま書きます。 いつもそばにいる人のことを。僕らはどれだけ知っているだろう。 僕ら人間は、一人では生きられない。 人間はその「弱さ」ゆえに社会をつくり、文明を築いた。 お互いの強みを生かし、お互いの弱みを補完する。…