父親を自殺で亡くしたあの時、僕の人生のゴングが鳴った。

ただ、書きたいから書きます。 「お父さんが死んだ」 母親が放ったその一言を、その瞬間を。 僕は永遠に忘れない。 あの日。 それまで当たり前のように存在していた一つの世界が突然終わった。 当時高校生だった僕は、部活が終わり、家に帰る電車の中でその事実を聞いた。 これは悪い夢だ。そうに違いない。 漫画の主人公…