strongemotion

人生に迷う君へ、情熱とアホとポジティブを。

MENU

「心の底」から出た声を、僕は聞きたい。

こんばんは。ダイナです。



「表現する」ということ______________________________
a0070_000279

今回は、僕が考える「表現」について記事を書いていこうと思います。

 

人は普段、様々な表現をして暮らしている。

では、具体的に「表現」とは何のことを指すのでしょうか?



絵を描くこと
歌を歌うこと
小説を書くこと
楽器を演奏すること
俳句を詠むこと  etc.

 

このように、人間の芸術的行為が真っ先に思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?
 
では、次の例はどうでしょうか

 

友人と話すこと
文字を書くこと
LINEをすること
走ること
笑うこと

 

様々な考え方があると思いますが、
僕は人間が行う全ての行為が「表現」と言ってよいと思います。
 
その人の人間性、価値観、性格、感情、情緒といった目には見えない「個性」が
身体というフィルターを通して現れること。

 

それこそが「表現」です。

 

「表現」とはそれを行う人だけにしかできない
心と世界とを繋ぐ唯一の扉である

 

僕はそう思います。
 

だから、上手いとか下手くそとか、そういうことに囚われないで欲しい。

「上手さ」は表現を評価する上での一つの指標でしかないんです。

 

むしろ、上手いモノは誰にでも出来る。
でも、あなた自身の表現はあなたにしか出来ない。

 

よく、
話すのが下手だから
音痴だから
自信がないから 
と言ってやりたいことをやらなかったり、それをやらない言い訳にしていたりする人がいます。

 

下手でも良いんです。
大事なのはそこじゃない。
 
たとえ不器用だとしても、人の感情とか、情緒とか
その人の心の奥底から出た声を僕は聞きたい。

 

人は人と心から繋がることで生きていける。
ありのままの心を受容し合える人と生きていたい。
 
だから、「表現」することを恐れないで欲しい。
僕はそう思います。

 

こんな感じで
僕はこのブログでありのままに思ったことを書き綴って行こうと思います。

 

上手い文章を書こうとしてもモチベが上がらないし、何よりも楽しくない。

 

自分が心から書きたい、書いていて楽しい!
と思って書くことが結果的によいモノになるのではないかと思っています。

 

以上、ダイナでした!!!