読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

strongemotion

人生に迷う君へ、情熱とアホとポジティブを。

MENU

ブログとは、人生の結晶である。~ブログを書く6つのメリットについて~

ブログ 人生論

こんばんは。ダイナです。

 

ブログを始めてもうすぐ一か月。

ほぼ毎日のように更新しております。

読んでくれている皆さん本当にありがとうございます。

 

この一か月の期間に僕が感じた事。

ブログは人生を大きく変える!!!!

 

というわけで今回は、僕が当ブログ「strongemotion」を運営していて感じた

ブログを書くことのメリットについてまとめてみました。

f:id:strongemotion:20170304204046j:plain

①自分を客観的に見ることができる

ブログを書くことで、自分のことが驚くぐらい分かります。

 

頭の中にある思考は、あくまでも主観的なものに過ぎません。

一方、それを文章として書き表すということは即ち、自分の頭の中を客観的に見るということです。

 

僕はブログを書くまでは自分のことを最強にポジティブだと思っていました。

 

でも実際はそうじゃなかった。

僕のポジティブは一般的な意味でのポジティブとは少し違う。

「単純に物事を良い方向に考える」というよりはむしろ「今そこにあるものにどう気付くか」ということにフォーカスしている。それが僕のポジティブ。

これは自分の中では大きな発見でした。

 

②日常生活での視点が変わる

日常のちょっとしたワンシーンにも、ブログにできるネタが潜んでいます。

これ、もしかしたらブログにしたら凄く面白いんじゃないか?

何事もそういう視点で見つめるようになります。 

僕の場合、スマホをいじるための待ち時間が、周囲の観察の時間に変わりました。

 

③出会うはずのない人と繋がれる

人が一生の間に出会える人の数って本当に限られてると思うんです。

横断歩道ですれ違う人たちには一生出会えません。どんなに近くても。

でも、ブログでなら。

人の思考と思考が直接結ばれる。どんなに遠くても。

 

僕の文章に何かを感じてくれたり

僕が誰かの文章に何かを感じたり

 

その何かと何かが繋がるとき、化学反応が起きる気がするんですよ。

無数にあるブログの中で、お互いに何かを感じるということには大きな意味があると僕は思っています。 

 

④「伝える力」が身につく

この思いがどうやったら伝わるのか?

ブログを書くと常に考えることになります。

会話の中でなら、表情やボディランゲージでゴリ押しすることでなんとかなることもありますが、文章の場合はそうはいかない。

言葉の力だけで伝えたいことを伝えなければならない。

中途半端な内容ではいけないんです。

 

だからこそ、言葉の選び方、使い方、見せ方、全てにおいて試行錯誤しています。

ストロングエモーションを感じてもらうために。

ブログで身に付けた「伝える力」は日常生活でも役立つはず!!!

 

⑤とにかく楽しい

自分の文章を読んでくれる人がいる。

自分の文章に対して反応をくれる人がいる。

これって凄いことだと思うんです。

 

自分の生きた証が、誰かの人生の一部になるかもしれない。

そう考えると、ブログを書くことは僕にとっては楽しいことでしかない。

 

⑥自分の分身ができる

ブログを書くということは、思考や経験という目に見えないものを一つの形として残すということ。

すなわち人生の結晶といっても過言ではありません。

 

だから僕はこのブログが可愛くてたまらない。笑

このブログを見るたびにニヤニヤしてしまう自分がいます。

 

もし僕が突然この世を去ったとしても。

僕の思考と経験がブログという形で残り、誰かのもとに届けられる。

それだけで、ブログを書くことには大きな意義あると僕は思っています。

f:id:strongemotion:20170304204449j:plain

 

総じてメリットだけを挙げさせていただきました。

一つデメリットがあるとするなら、「ブログ以外のことが考えられなくなる」ということ。笑

 

今日はどういう記事を書こう

どういうデザインにしよう

気付けばそんなことばかり考えてしまう自分がいます。

 

ブログを始めようか迷っている人は、とにかくやってみればいいと思います。

読んでくれる人が一人でもいれば、モチベが上がってどんどん楽しくなってくる!!

 

 

 

さて、次はどんな記事を書こう?

そんなことを考えて、僕は今日も生きています。

 

 

人生まあいけるやろ。