strongemotion

人生に迷う君へ、情熱とアホとポジティブを。

MENU

「別れ」は人を強くする。《SUTOEMO WORD》

ダイナです!

 

実に4ヵ月ぶりのこのコーナー「SUTOEMO WORD」

今回は、人生が僕に教えてくれた「別れ」について。熱い言葉をお伝えする!!!

 

※SUTOEMO WORDについてはこちらからどうぞ

 

「別れ」。

 

出会いの数だけ別れがある。

 

卒業。恋人との別れ。最愛の人との死別。

「別れ」は、人生において限りなく大きな喪失体験であり、時に人の人生を狂わせる。

 

なぜなら、人は人間関係において最も深い喜びを感じ、最も深い悲しみを感じることができるからである。

 

すぐ、そこにいること。

いつも、そこにあること。

 

その大切さ、存在の大きさは、当たり前にある時には決して気付けない。

失って初めて、それに気付ける。

f:id:strongemotion:20170801233923j:plain

もっと正直でありたかった。

もっと優しくしておけばよかった。

 

「別れ」が必然である以上、このような感情は時に僕らを襲い、苦しめる。

 

でも、「完璧」な人間関係などこの世には存在しない。

誰しも、心と心の間に絶妙な線を引きながら、この世界を生きている。時に苦しみ、思い通りにならない想いを心の片隅に抱いたまま、人の海を生きている。

 

だからこそ。

 

「別れ」は人を強くする。

 

二度と帰らない日々。

笑い合った日の思い出。

ぶつかり合った日の思い出。

 

もっと正直でありたかった。

もっと優しくしておけば良かった。

 

それは、「別れ」を経験しなければ決して得ることのできない感情である。

 

その感情を得ることによって、すぐそこにいる人に対して優しくなれるんじゃないかなって思う。次に誰かに対して正直でいれるんじゃないかなって思う。

 

「別れ」が辛いことであることは間違いない。

だけれど、それは世界の何かが、自分を成長させるための機会を与えているんだって。そうやって「別れ」を胸に抱いて歩いていけばいい。

 

いつかまた会う時に、胸を張っていられるように。

 

そうやって生きることが、別れた相手への感謝であり、礼儀であると僕は思う。

 

何かが終わればまた、何かが始まる。

「別れ」は一つの時代の終わりであると同時に、新しい時代の始まりを告げるホイッスルなんだって。

そうやって未来を信じて、歩いていこうと思う。

f:id:strongemotion:20170801234223j:plain

 

 

桜の花びら散るたびに

届かぬ思いがまた一つ

涙と笑顔に消されてく

そしてまた大人になった