読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

strongemotion

人生に迷う君へ、情熱とアホとポジティブを。

MENU

"自分であること"に誇りを持って生きればいい。《SUTOEMO WORD》

SUTOEMO WORD

ダイナです!

 

今回のSUTOEMO WORDは「生き方」について。

 

人生が僕に教えてくれた言葉。

自分のことが大好きになる熱い言葉をお伝えする!!!

 

 ※SUTOEMO WORDについてはこちらからどうぞ 

 

人との違いを追い求めることは”赤ん坊”のまま生きていくということ。

 

人と違うことがしたい。

皆と同じことはしたくない。 

 

多くの人がそう言います。

 

人と違うことがしたい。

その感情の奥には、目立ちたい。凄いと思われたい。という欲求があります。

 

それは結局のところ人の目を気にしているということです。

人から「与えられる」ことばかりに着目しているんです。

自分が可愛くて仕方がないんです。

 

人間関係における幸せは人に「与える」か「与えられる」かのどちらかしかない。

喜び、楽しみ、尊敬、愛、感謝.........etc.

このような感情を、与え、与えられることによって人は幸せを実感します。

 

 

生まれた時。

赤ん坊は大人の力を借りることでしか生きていけません。

だから、注目されるため、愛されるために行動します。

 

泣くこと。

純真な笑顔を見せること。

 

それらは全て愛されるため。しいては、生きていくため。

f:id:strongemotion:20170226203556j:plain

人と違うことをしたい。

というのはすなわち赤ん坊と同じなんです。

人から「与えられる」ことにしか興味がない。

 

人が本当に幸せに生きるためには、どこかで「与えられる」生き方から「与える」生き方にシフトする必要がある。

 

なぜなら、「与えられる」生き方は、誰かが望む生き方をするということに他ならないからです。

 

その人が生きているのは他人の人生でしかない。

何処かで必ず限界が来ます。

 

 

僕もそうでした。

 

人と違うことがしたい。人から凄いと思われたい。注目されたい。

そう思って世間で言う、いい大学に入った。いい会社に入った。

でもそこに幸せはなかった。

 

何のために生きているのか分からなくなった。

それは僕が人との違い=「与えられる」ということに価値を置いて生きて来たからなんです。

僕は赤ん坊の時の生き方をずっとしていたんです。

だから僕はこう思います。

 

"自分であること"に誇りを持って生きればいい。

 

人と一緒とか、違うとか、そんなことはどうだっていい。

ただ、”自分であること”に価値を見出していればいいんです。

 

誰かに幸せを「与える」ことで人は幸せになれる。

幸せをどうやって与えるのか?

「与え方」にこそ個性が出る。

 

その延長線上に、一人一人の人生の目的=使命が存在しています。

 

あなたにしかできない。

いや、あなただからこそできる何かがある。

 

その「何か」を見つけるための手助けをする。

それが、最強の応援歌として

人生に迷いまくってきた一人の人間として

僕だからこそできる「与え方」。

 

そんなことを思って僕は今日も生きています。

 

 

自分に何ができるのか?

自分が心から情熱を注げることは何なのか?

自分が喜びを感じるのはどんな時か?

 

もう一度考えてみてください。

その先に、あなただからこそ生きることができる未来がある。

f:id:strongemotion:20170226204415j:plain

"自分であること"に誇りを持って生きればいい。

 

ただ、それで。

 

 

人生まあいけるやろ。