読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

strongemotion

人生に迷う君へ、情熱とアホとポジティブを。

MENU

百見は一動に如かず。《SUTOEMO WORD》

ダイナです!

 

今回のSUTOEMO WORDは「何かを始めたい時」について。

 

〇〇を始めたい!

〇〇をやってみたい!

でも時間がない、、、、

やっぱりめんどくさい、、、、

人は口癖のようにこう言います。

 

今回は、人生が僕に教えてくれた言葉。

新しいことを即実行に移せる熱い言葉をお伝えする!!

 

※SUTOEMO WORDについてはこちらからどうぞ


 

とりあえずやってみろ。

 

やってみれば全てが分かる。

 

 

英語の勉強を始めたい。

ボランティアを始めたい。

一人で海外に行ってみたい。

 

始めたい!!!!

 

断言します。

あなたは始めない。

 

 

そういう人に限ってこういう言い訳をします。

時間がないから。

f:id:strongemotion:20170414230917j:plain

時間がない。

 

それは当たり前のことです。

誰しも時間がない。

日々、しなければならないことに追われている。

それが人生ってもんじゃないですか。

 

時間がないから。

その言葉の裏には、「始めない」事に対する強力な安心感がある。

 

毎日、同じことをしていれば楽だし、不測の事態が起こることはない。

常に安心でいられるんです。

 

この、人が不安を感じずに過ごせる領域のことをコンフォートゾーンといいます。

いわば、ぬるま湯です。

 

始めたい!

その言葉が口ぐせになっている人は、結局はそう言っている自分が好きなんですよ。

 

「始めない」ことで、失敗する可能性がない。

自分はいつでもできる。やればできる。という可能性にすがっていられるからです。

 

そこには成長はない。喜びはない。

 

成長しないということは即ち退化しているということです。

時代は常に動いているのだから。

 

①安心と退化

②不安と成長と喜び

 

あなたはどちらを選びますか?

 

新しいことを始める、ということはそれだけ不安もつきまとうし、失敗する可能性だってある。

 

 

だから僕はこう思います。

 

とりあえずやってみろ。

 

少しでも

やりたい!!!と感じたこと。

 

それは一つの運命です。

選びうる無数の選択肢の中から、一つの物事に興味を持っている状態。

それには必ず意味があります。

 

だから、つべこべ言わずやってみればいい。

 

やっぱり自分には無理だ。

失敗したらどうしよう、、、、、、

やっぱりめんどくさい、、、、

考え始めると、マイナスの方にいってしまうのが人情です。

 

だから、余計なことを考える前に行動してやればいい。

 

やりたい!

と感じたことをやってみて、後悔した経験は過去にありますか?

 

僕は一度たりともない。

 

ブログをやってみて。

結果、今あなたにこの文章を読んで頂いている。心を込めて一文字一文字書き綴っている。もっとエモい文章を書きたいと日々試行錯誤している。

 

海外一人旅をやってみて。

結果、手に汗握る大冒険ができた。何度もぼったくれて泣きそうになった。見知らぬスイス人に酒をおごってもらった。自分自身に自信が持てた。もっと色んな国、世界を見たいと思うようになった。

 

見て聞いて学ぶことよりも、行動から学べることの方が遥かに大きい。

実際にやってみることで、その面白さがわかる。もっとやりたくなる。

 

例えば、行動した結果、「やっぱりこれは自分には合っていない」

そう思えたとしたら、それも大きな財産です。

 

自分には合わないことに対して、やってみたいと思って過ごす人生を避けられたからです。

 

 

百聞は一見に如かず

という言葉がありますが、僕に言わせてみれば

 

百見は一動に如かず。

 

 

何も大きなことから始める必要はありません。

 

本を出したい!

そんなあなたは、まずブログから「書く」ということを始めてみればいい。

 

ライブをしたい!

そんなあなたは、路上に出て歌って演奏してみればいい。

 

時間がなくても、お金がなくても、今できることはきっとある。

f:id:strongemotion:20170414230446j:plain

百見は一動に如かず。

 

とりあえずやってみろ。

やってみれば全てが分かる。

 

 

人生まあいけるやろ。